オーディオとDIYのBlog

ANKER 防水Bluetoothイヤホン Zolo Liberty+ レビュー

2018/12/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
20歳、理系の学生です 中学生のときにオーディオにハマり今日この頃。多趣味な生活をしています。 オーディオの記事を始め様々な記事を書いていこうと思います! コメント等どんな事でも頂けるとウレシイです。 オーディオ・カメラ・ミリタリー・DIY・プラモデル・旅行 気になったらフォローよろしくお願いしますm(_ _)m 〜主に使っているイヤホン〜 shure se535 ue 900s 〜カメラ〜 EOS7d mark2
詳しいプロフィールはこちら

モバイルバッテリーでおなじみANKERから発売されているBluetoothイヤホンZolo Liberty+ です!

Zolo Liberty公式ページ

 

Bluetooth 5.0対応で最大48時間音楽再生できます!!
ランニングにもってこいのIPX5防水規格 / 周囲音取り込み機能を搭載してます!!
ではレビューに移ります!

【デザイン】

色は二種類、黒と白があります。丸っこい筐体です。金属製で重厚感がすごい!!

【音質】

6.0mmのグラフェンダイナミックドライバを搭載してます。グラフェンは「ダイヤモンドよりも硬い」と言われる炭素素材で歪みなくクリアで透き通った音質を再現してくれます。

大きめのダイナミックドライバとだけあって低音の音圧は申し分ないです。

個人的にBAの解像度が好きなのでDDは締まりのない感じがします。

apt-xに対応していないのが難点。また、イヤホンが小さい分アンプが少し貧弱な感じがします。

【フィット感】

shureのイヤホンと同じようなつけ心地です。付属のイヤピースはシリコーン製なのでこれもまたCOMPLYに取り替えて使用しています。
筐体に被せるシリコーンカバーは替えが6つ付いているので切れたりしても安心です。

スポンサードリンク


【遮音性】

シリコーンイヤピースだと察しの通りですがCONPLYに変えたところとても遮音性が高いです。音漏れもしなくなります。
ランニング時にこれを付けるときは周囲の音を取り入れるモードにすると良いのでとても便利です。

【携帯性】

付属のケースによって何回か充電できるので外出中に電源が切れるということはなさそう。
バッテリーを積んでいるケースなので少し重いです。

【総評】

Bluetoothの完全ワイヤレスイヤホンはこれしか持っていませんがランニング時にとても重宝しています。ただ、通常付けるイヤホンとしては物足りないので複数台所持する人向けといったところでしょう。
AmazonでZolo Liberty+は15000円程度ですが、Zolo LibertyというBluetooth4.2の方は7000円程度とお手頃なのでこちらもオススメです。

ただ、「Zolo Liberty+」の方が若干径の大きいドライバを使っているため低音が響きやすい造りになっています。また、電池の持ちもplusが無印の2倍です。

スペック比較

 

機種 Zolo Liberty Zolo Liberty+
Bluetoothバージョン 4.2 5.0
ドライバ口径 5.5mm 6.0mm
連続再生時間(本体) 3.5時間 3.5時間
連続再生時間(ケース) 24時間 48時間
アプリ対応 ×
周囲の音聞き取り機能 ×
価格 ¥7,999- ¥14,980-

※価格は参考


 

スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
20歳、理系の学生です 中学生のときにオーディオにハマり今日この頃。多趣味な生活をしています。 オーディオの記事を始め様々な記事を書いていこうと思います! コメント等どんな事でも頂けるとウレシイです。 オーディオ・カメラ・ミリタリー・DIY・プラモデル・旅行 気になったらフォローよろしくお願いしますm(_ _)m 〜主に使っているイヤホン〜 shure se535 ue 900s 〜カメラ〜 EOS7d mark2
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


//amazon end

Copyright© 虹クルーのブログ , 2018 All Rights Reserved.