オーディオとDIYのBlog

まるでスピーカで聴いているよう!!INAIR M360レビュー

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
20歳、理系の学生です 中学生のときにオーディオにハマり今日この頃。多趣味な生活をしています。 オーディオの記事を始め様々な記事を書いていこうと思います! コメント等どんな事でも頂けるとウレシイです。 オーディオ・カメラ・ミリタリー・DIY・プラモデル・旅行 気になったらフォローよろしくお願いしますm(_ _)m 〜主に使っているイヤホン〜 shure se535 ue 900s 〜カメラ〜 EOS7d mark2
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!虹クルーです。

今回はクラウドファンディングによって45日間で38,781,940円も集められた事で話題となっている、まるでスピーカで聴いているような音がコンセプトのイヤホン、INAIR M360をレビューしたいと思います。

基本情報

AmazonでINAIR M360を見る

INAIR(http://inair-audio.com/)は、最高のリラクゼーション、最高の音楽体験を提供するために
日々商品の開発・研究を行っている、日本発の音響ブランドです。

外箱と開封した様子

基本スペックはこのような感じです。

方式 インエアー方式イヤースピーカー
独自技術 “AIR TUBE” woofer Technology
スタイル 有線(リケーブル不可)
出力音圧レベル 92dB ±3dB
インピーダンス 16Ω±15%
周波数帯域 10Hz – 20kHz
ケーブル長 120cm
ケーブルタイプ Φ3.5mmステレオミニ金メッキL型プラグ

(4極マイク・コントローラー付き)

ケーブル材質 イヤー部分:TPE  メイン部分:布巻き

“AIR TUBE” woofer Technologyとは原音に忠実で高解像度なサウンドを再生する為の構造だそうです。

【デザイン】

全体的にスッキリしたフォルムです。色はシルバー・ブラックがあります。

さすがグッドデザイン賞を受賞しているだけあってスッキリしたスタイリッシュな筐体です。

【音質】

最初聴いた感じイヤホンでは聴いたことのない音がしました。

耳の真横に置いたスピーカーからの音を聞いている感覚で、聞いていて疲れないです。

締まった低音で、スネアドラムやボーカルなどの中高音域がはっきりと聞こえます。

参考までに、私が測定した周波数測定結果です。若干低音が残念ですが、全体的なバランスを考えると及第点と言えるでしょう。

スポンサードリンク


カナル型のいいところとインナーイヤー型のいいところを合わせたような感じで、本当にスピーカで聞いているようです。
しかしながら、スピーカーと言っても私の家にある30万程度のスピーカーには敵いません。イヤホン全般がそうですが、肌で感じるような低音は感じない点がスピーカーとの違いではないでしょうか。

1万円前後のダイナミック型イヤホンと比較して考えるととても良い音質だと思います。

【フィット感】

大きいスポンジから切り出したスポンジが耳にしっかりフィットし圧迫感が少ないです。カナル型注1)カナル型イヤホンのこと。イヤホンのユニットから細い音導管によって、耳まで音を届ける耳に差し込む構造。だと長時間つけておくのに圧迫感を感じたり、疲れたりしますよね?かといってインナーイヤー型だと音がスカスカで物足りないようなきがします。しかしM360はカナル型みたいに圧迫感を感じない上に、インナーイヤー型みたいに音がスカスカだったりもしないんです!

交換スポンジが4つ付属し、ワンサイズです。

公式の付け方をすると、突起が耳から出ないので寝ていても耳が痛くないです。

寝る前の動画視聴やゲームなどにオススメです。
正直なところ低反発ウレタンスポンジのほうがが良いのでは?と思いました。COMPLYなどのイヤーピースはささりません。

【遮音性】

周囲の音を適度に遮断し、かつしっかりと自分だけには音楽が聴こえてくる感覚です。

音楽を聴きながら会話も楽しめたり、電車内のアナウンスが聞こえてきたりするのがコンセプトなので、がっつり、リスニングをする目的ではなく、通勤通学などのBGMにおすすめです。

満員電車で音量を上げて聴いていたら隣の人には聞こえてしまうと思いますが、フィット感と総合して考えるととても良いと思います。ギチギチのイヤホンで音がもれないのは当たり前なので、、、

ここもスポンジを低反発のウレタン製にすることで改善されるのではないかと思います。

 

【携帯性】

コードの絡まりが起きにくい点が最も優れていると思います。メインコードが布巻きなおかげで、コードがぐちゃぐちゃになることはないと思います。

携帯ケースは付属していません。

高品質なマイク通話も可能なコントローラーを搭載しており、IOS&Androidに対応しています。ゲームで音声チャットも可能です。

【総評】

開放感があり、今までのイヤホンになかった感覚です。 リアな音で音楽をたのしみながら周りの音もちゃんと聴こえるので、電車など周りの音が聞こえた方が良い場合や、音楽を再生しながらでも会話をするような用途に向いていると思います。その点「自分のみで聞くスピーカー」というコンセプトにマッチしていると思います。

ハイレゾのような情報量の多い音源には向きませんが、ストリーミング音楽などをBGMとして聞いたり、これをつけてゲームをしたり、動画鑑賞したり、するのにおすすめのイヤホンです。おすすめの曲はボカロ、クラシックなどの曲です。

持ち歩く際、ケースが付属していないので100均などでイヤホンケースを買うのをオススメします。

AmazonでINAIR M360を見る

 

スポンサードリンク


脚注   [ + ]

1. カナル型イヤホンのこと。イヤホンのユニットから細い音導管によって、耳まで音を届ける耳に差し込む構造。
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
20歳、理系の学生です 中学生のときにオーディオにハマり今日この頃。多趣味な生活をしています。 オーディオの記事を始め様々な記事を書いていこうと思います! コメント等どんな事でも頂けるとウレシイです。 オーディオ・カメラ・ミリタリー・DIY・プラモデル・旅行 気になったらフォローよろしくお願いしますm(_ _)m 〜主に使っているイヤホン〜 shure se535 ue 900s 〜カメラ〜 EOS7d mark2
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


//amazon end

Copyright© 虹クルーのブログ , 2018 All Rights Reserved.